Welcome!

安眠できるかどうかは、環境にもかかってます

1月 10th, 2014

寝る部屋の環境は良いものでないといけません。

環境が悪いと、熟睡できませんし、いびきもかきます。

また、寝相も悪くなります。

 

マットレスが、布団が、固い、あるいは、柔らかすぎるなんていうのも、寝相を悪くさせます。

寝心地のいい場所を探しているような気がしますね。

 

騒音が合ったりするようなっ環境も、安眠の障害となります。

興味深いことに、静かなほうへと人は寝ている間に移動していく習慣すらあるようです。

 

このように、寝心地の良い場所を作るのはとても大切なことです。

 

また、環境だけでなく、体調も寝方に影響があるといいます。

 

一番分かりやすい病気が自律神経。

自律神経を乱しますと、寝相が悪くなるそうです。

 

ただし、少し寝相が悪いくらいで心配は要りません。

極端に悪い人は、自律神経が悪いのかも知れません。

 

体が休まっていないけれど、寝ているのでしょう。

あちこちに移動してしまうのですね。

 

どちらにしても、安眠できる環境はとても大切ですから、環境づくりに気を配りましょう。

 

安眠におススメのサプリメント【ネムリス】とは?

 

睡眠時無呼吸症候群は高血圧になる危険性が高い!

8月 14th, 2013

睡眠時無呼吸症候群が与える影響について、ある記事を読みました。

睡眠時無呼吸症候群で死ぬことはないにしても、合併症で命を落とす危険があります。

 

いびきをかく人がみな睡眠時無呼吸症候群であるわけではありません。

また、いびきをかく人が、重い合併症をおこす訳でもありません。

 

でも、いびきをかくということは、睡眠時無呼吸症候群になる予備軍であると言えますので、注意が必要です。

 

ちなみに、睡眠時無呼吸症候群である場合、高血圧になる確率は3倍になります。

 

肥満であるから高血圧になるのではないかと思われがちです。

 

しかし、体系が同じ人たちを対象に調査が行われました。

体系が同じでも、無呼吸症候群である人の方が、確実に高血圧になるという結論が出ています。

 

ちなみに、体系が同じでも無呼吸症候群の場合、高血圧になる確率は2倍になります。

 

なぜでしょうか。

一つは、夜熟睡できないことと関係があります。

呼吸が止まり、酸素も不足します。

それが原因で交感神経が興奮します。

 

また、喉がふさがれて、苦しくなり、その圧力で血圧が上がるとも言われています。

 

無呼吸症候群と関係のない高血圧の患者さんですと、夜は血圧がさがり体も休めます。

しかし、無呼吸症候群の高血圧の患者さんは、夜も血圧がかかり、それだけ心臓にも負担がかかります。

 

血圧が高い方におススメ!わかめペプチドゼリー

 

安眠するのに影響するもの

1月 10th, 2015

安眠に欠かせないものの一つに、空気があります。

空気が淀んでいたり、アレルギー物質があったりすると、体に刺激が与えられ、安眠することが出来ません。

 

目に見える症状が無くても、空気が汚いと、それを体が感知して眠りを妨げるということがあります。

ですから、きれいな空気をすいながら寝るということは非常に大切なことなのです。

 

きれいな空気な環境、家を選ぶということは非常に大切です。

住む場所も出来る限り環境の良い場所を選びたいものです。

 

また、家そのものを選ぶ時にも注意が必要です。

築20年30年の古くなってしまった建物には、有害物質、アレルゲンとなるものが非常にたくさんあるものです。

 

古いということは、そういうことなのです。

 

また、空気清浄機などを部屋に置く事によって、安眠効果を上げることが出来ます。

乾燥は、安眠を妨げますので、加湿昨日のついた機種などを選ぶと良いかもしれません。

 

部屋にぬれタオルを干しておくだけでもかなりの効果が有ります。

寝る前に何をするかが大切

枕選びのポイント

12月 21st, 2014

睡眠時無呼吸症候群対策には、枕選びがとても大切です。

案外枕一つで安眠ができるようになったりするものです。

 

枕を選ぶ時のポイントはなんでしょうか。

大切なのは高さです。

高過ぎるといびきをかきやすくなってしまいます。

しかし、低すぎると今度は安眠がさまたげられるため、適度な高さが必要です。

 

また、ある程度の幅が必要です。

幅がないと寝返りを自由にできないので、寝苦しくなったりしてしまいます。

ある程度の幅があるものを選びましょう。

 

素材も大切です。

私が好きな素材は、ソバガラです。

ソバガラと似たプラスチック製の素材のものもありますが、寝ている間に柔らかくなってきてしまい、頭が沈むようになります。

ですから、やはり自然の物を使うのが良いと私は考えています。

 

それに加えて、頭がある程度安定するものが良いでしょう。

頭が安定するには、首のところが少し高くなっており、後頭部の部分が少し低くなるような枕がベストです。

ソバガラの枕ですと、自分である程度枕の高さと形を変えることができてよいですね。

 

寝相がいびきに関係しています!

12月 4th, 2014

昨日いびきをかいて寝ていたことを家族に指摘されました。

 

最近鼻詰まりがひどく、どうしてもいびきをかいてしまいます。

空気清浄機を買って、鼻炎を解消できると思ったのですが、どうしても鼻詰まりが止まりません。

 

鼻が詰まっていると、どうしてもいびきをかきやすくなってしまいます。

 

また、寝ている時に枕の高さが高すぎて、首が曲がっている状態になってしまいますと、やはりいびきをかきやすくなります。

昨日は家族が善意で頭の角度を緩くしてくれました。

つまり、全身が平行になるように寝相を直してくれたのです。

 

そうした所、いびきはぴたっと止まったそうです。

寝相は、いびきにかなり影響を与えます。

 

枕選びも大切です。

また寝る時の気温も大切です。

熱いと苦しくなり、寝相が悪くなり、最終的にいびきをかいていることがあるからです。

 

安眠出来る環境が大切だということですね。

うなるのも睡眠時無呼吸症候群になりやすい?

11月 7th, 2014

いびきをかく人は、睡眠時無呼吸症候群になりやすいといわれています。

唸る人は?

 

やはりうなりも、睡眠時無呼吸症候群になりやすいのです。

私の家族でも唸る人がいます。

 

寝つきに唸ることが多く、一階で唸っている音が、二階にも聞こえてきます。

うなることは、いびきをかくのとほぼ同じ原理で起こります。

 

喉の奥の気道が細くなってくるので、空気が通ろうとするときに狭くて音が出てしまうのです。

太っている人に起こりやすいといわれています。

 

そして唸るということは、気道が狭いということ。

気道が狭いということは、気道がふさがれる睡眠時無呼吸症候群にもなりやすいということになります。

 

うなりもいびきと同様やはり注意が必要です。

夜ずっと唸るわけではなければ、それほど心配はないのかもしれませんが、注意するようにしましょう。

自分のいびきを確認しよう!

鼻づまりが原因

10月 14th, 2014

睡眠時無呼吸症候群は、鼻の異常でも起こります。

鼻が詰まりやすい人は、睡眠時に無呼吸になりやすいのです。

 

最近鼻が詰まりやすいので、病院に行きました。

お医者さんに診てもらって、どんな感じなのか診察してもらいました。

 

すると、鼻の穴がまっすぐではないことがわかりました。

左の鼻がくねくねと曲がってしまっているのです。

 

話によりますと、実はこのような鼻がまっすぐでない人は非常に多く、日本人の7割以上がそうなのだとか。

鼻の穴が狭かったり、曲がっていたりすると鼻づまりになりやすく、睡眠時無呼吸症候群にもなりやすいのです。

 

もちろん程度がありますから、すべての人が無呼吸になるわけではありません。

 

鼻の穴をまっすぐにする手術があるのだそうです。

その手術はどうやら、ものすごく感謝される手術なのだそうです。

 

多くの人が人生が変わると感じる手術だと、先生がおっしゃっていました。

無呼吸になる理由が鼻にあるのなら、手術をしても良いのかもしれません。